ウォーターマン公式ブログ

浪速区のAマンションのトイレ修理に行きました。

 

先日は、よくお仕事を頂いているH不動産様のご依頼で

マンション一室のトイレ修理に行かさせて頂きました。

 

 

今回は、水がチョロチョロと出続けてるとの事で

修理依頼を受けました。

 

現場に到着後すぐにトイレを見させて頂きました。

 

トイレタンク内にあるフロート管と言うものが

長年の劣化などにより破損し折れてしまっていました。

 

(フロート管とは、通常タンクの外へ水が溢れるのを防ぐため

この管から便器の方へ水を逃がす役割をしています。)

 

上の写真の様にフロート管が完全に折れてしまっている為

水が出続けていた原因になります。

 

通常は、フロート管を交換し付け替えるのですが、

オーナー様への提示、回答に時間がかかるとの事でしたので、

本復旧は後日とし、

今回は応急処置とさせて頂きました。

応急処置とはいえ、住人様がまた使用できなくなるとご不便をおかけすることになるので、

折れている部部を、配管材を使い丁寧に修理していきます。

4 漏水なし5 トイレ修理後内部写真

 

 

応急処置後便器内に漏水もなく、タンク内も通常作動確認できました。

これで、今回の応急修理は完了です。

 

今回、お時間も合いスムーズに出来てよかったです。

また、お困りの際は弊社に宜しくお願い致します。

 

いつもありがとうございます。